【横浜・鶴見区エリアガイドについて】

横浜鶴見区エリアガイドは、横浜市・鶴見区の情報を相互リンクで紹介するサイトです。英会話教室やヨガ教室、グルメ、不動産賃貸、引越しなどの日常的な情報から、キャッシング・美容整形・歯科矯正・浮気調査・興信所、カードローンなど、なかなか相談をする相手が見つからない悩みに関する情報まで、くまなく紹介しています。横浜・鶴見区エリアガイドを、今後ともよろしく、お願い致します。

 

 

横浜・鶴見区の「郷土料理店」に関するリンク集です。

横浜・鶴見区の「郷土料理店」のお店はもちろん、横浜・鶴見区で郷土料理店に関する情報を発信なさっているサイト・ブログのリンク申請を心から歓迎いたします。

横浜・鶴見区の郷土料理店・『ブログ』紹介・『YOKAHAMAコラム』コーナー

横浜市鶴見区の郷土料理。都会に住むとふるさとのたべものがとても懐かしくなることがあります。

ここでは沖縄料理を取り上げ、お店と、百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によって沖縄料理の特徴などをお知らせします。

☆  沖縄料理ななまかい
    045-521-2953
      神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目18-2

☆  島娘
    045-505-3056
    神奈川県横浜市鶴見区本町通4丁目173-8

☆  よつ竹
    045-584-9285
    神奈川県横浜市鶴見区矢向5丁目7-7

沖縄料理(おきなわ りょうり)は、沖縄県の郷土料理のこと。
琉球料理(りゅうきゅう りょうり)とも言う。

日本本土とは異なり、四季が不明瞭な気候であるため、本土で一般にみられる食材(品種)を栽培出来ないことも多い一方、特有の食材も見られ、使用される野菜類が本土とはやや異なり、キノコ類の使用も少ない。

また、亜熱帯に属する割りには香辛料の使用はあまり発達していない。

海に囲まれた多島の県であるが、魚料理があまり発達していないという特徴を持つ。

食文化としては、地理的に近い鹿児島県の薩摩料理と台湾の台湾料理の影響が強いが、歴史的に帰属した国が変遷し、食材の流通ルートや交易範囲が変化したことも大きく影響している。

明治以前の日清両属の琉球王国時代には、間接支配した薩摩藩を初め、交易範囲の中国・東南アジア・朝鮮などの影響を受けた。

特に中国からは医食同源の思想を受け、沖縄方言で食べ物を「クスイムシ」(薬になる体にいいご飯)、「ヌチグスイ」(命の薬)とも呼び、長寿の秘訣になっているという指摘もある。

明治期の琉球処分後は、本土の一般的な食文化にも影響を受け、沖縄そばなど明治以降に沖縄に伝わった料理も現在では広く沖縄料理として認識されている。

第二次世界大戦後は米軍の軍政下に置かれ、日本本土からの食材の流通が途絶えたこともあり、アメリカから輸入された保存食のポークランチョンミートや各種の缶詰料理も定番化した(戦後の韓国と類似する)。

また、タコライスといった独自の食文化も花開いていた。

なお、本土では一般的に「東の豚肉、西の牛肉、九州の鶏肉」と1人あたり消費量をもとに肉食の嗜好が言われるが、沖縄県では豚肉の消費量が多い。

また、アメリカの軍政下に置かれていたが、パン・牛乳・チーズなどの消費量は少ない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

CmsAgentTemplate0025/0026 var1.004