【横浜・鶴見区エリアガイドについて】

横浜鶴見区エリアガイドは、横浜市・鶴見区の情報を相互リンクで紹介するサイトです。英会話教室やヨガ教室、グルメ、不動産賃貸、引越しなどの日常的な情報から、キャッシング・美容整形・歯科矯正・浮気調査・興信所、カードローンなど、なかなか相談をする相手が見つからない悩みに関する情報まで、くまなく紹介しています。横浜・鶴見区エリアガイドを、今後ともよろしく、お願い致します。

 

 

横浜・鶴見区の「レイシック」に関するリンク集です。

横浜・鶴見区で「レイシック」を行っている眼科はもちろん、横浜・鶴見区で「レイシック」に関する情報を発信なさっているサイト・ブログのリンク申請を心から歓迎いたします

【横浜市・中区】
横浜・中区の「レイシック」
横浜・中区の「ライブハウス」

横浜・鶴見区のレイシック・『ブログ』紹介・『YOKAHAMAコラム』コーナー


レイシック(レーシック)は、まだ、それほど一般的ではないかもしれません。
レイシックを受けることができる眼科は、横浜にいくつかあります。

また、レーシック(レイシック)専門の眼科でなく、一般の眼科でも、レイシックの手術を受けることができるところもあるようです。

ここでは、レーシックについて簡単に説明します。
手術を受ける場合や、病院を探す場合の参考にしてください。


レーシック(レイシック)とは、LASIKと書き、「Laser in Situ Keratomileusis」を略した言葉です。
レーシックは、視力回復手術の中で最も有名な方法です。


私たちの目は、カメラでいうとレンズにあたる水晶体のふくらみや、しぼりにあたる虹彩の伸び縮みの調整によって、ピントを合わせていますが、この調節がうまくできなくなることで視力は低下します。

レーシックは、角膜を薄皮一枚めくってレーザーを照射し、角膜の内部を削ります。その結果、角膜の屈折力が変化し、それまでぼやけて見えていたものに焦点を合わせることができるようになり、視力を回復することができるという仕組みです。


レーシックは、2005年のアメリカでは130万症例を超えています。
プロゴルファーのタイガー・ウッズがレーシックにより成績を上げたという話が広まったこともあり、多くのプロスポーツ選手もレーシックを受けるようになっています。

レーシックの手術は入院する必要もなく短時間で済みます。
また比較的成功率も高いので、眼鏡やコンタクトの使用から解放されたい多くの人に支持を受けています。

視力がダイレクトに成績に反映する多くのスポーツ選手も、レーシックを受けています。

ここで覚えておきたいのは、
視力回復が可能なレーシックですが、合併症と呼ばれる症状が出る場合があります。
こうした症状の例としては、ドライアイ、ハロ現象(明るい光にもやが見える)、グレア現象(明るいところがまぶしく見える)などがありますが、これらは一過性で一定期間を過ぎると改善されるものがほとんどです。

レーシックは、成功率が高いとはいえ、他の手術同様に失敗する可能性はゼロではありません。また、歴史自体も浅いので、長期にわたる安全性が気になる場合は、担当の医師と充分に話合い、レーシックに適合しているかどうかをしっかりとチェックしてから手術を受けるようにしましょう。

個人的には、
術後になにかあったときに、すぐに病院に行けるように、
例えば、横浜にお住まいなら横浜の病院というように、
ご自宅の近くでレーシック(レイシック)の手術を受ける方が、安心であると思います。

CmsAgentTemplate0025/0026 var1.004